CATEGORY

音声学の教科書

アメリカ英語らしく話す一つのコツ

RやLなどのメジャーな音素(母音・子音)はまだしも、ある程度、英語をやり込んでいる人でも認識していない母音や子音は少なからずある。 今回紹介するのは、音素そのものではない。しかし、アメリカ英語らしく響かせる上で大切な、Flap t を知っていただきたいと思う。 Twitter を日本人は「ツイッター」と発音する。しかし、実際にネイティブが発音する音は、「トウィダー」に近い。発音記号は、twi də […]

英語発音のルール、練習のコツについて。大事なのはアクセント(ストレス)

概要 英語発音学習は一般に子音や母音を学習するのだと考えている人は多い。しかしながら最も大切なのはStree-Timed Rhythmと呼ばれる英語特有のリズムを体得することだ。このリズムには一定のルール(法則)があり、練習を繰り返しコツを掴めば意外に習得は簡単である。そのためにもストレス (アクセント)について深い理解が前提として必要である。 アメリカ人タレントは何故「いざかや」ではなく「いざか […]

英語発音記号の読み方のルール。一覧表、練習法など。コツは簡単。(母音編)

概要 英語発音記号を見たことがある人は多くいると思うが、読める人は殆どいないだろう。しかし読み方のルールを理解すれば難しいものではない。母音は子音より習得が難しいが、練習法やコツに触れてみたい。本項ではアメリカ英語を前提に話すことにする。 英語の母音の数は多い 日本語の母音は、あ、い、う、え、お、の5つしかない。他方でアメリカ英語には26種類の母音があるとされている。そんなに多いのかと驚くかもしれ […]

>国内最強! 英語発音矯正スクール speek

国内最強! 英語発音矯正スクール speek

驚くべきことに成人してからでも十分に英語発音は習得可能。ネイティブレベルの発音を身に付けて、行けるところまで行こう。